巻き爪治すTOP

巻き爪を治すために自分が実際にやった対策

 

痛〜い巻き爪。症状がキツい人は歩く事もままならないなんてことにも・・・。

現在巻き爪に悩まされている人や、再発を恐れている人に向けて、自分が巻き爪を解消するためにやった対策、対処法や、自分流の治療法で克服した方法を紹介します。内容はかなり長くなると思いますが、詳しく書こうと思っているので、長々となってしまいますがご了承下さい。


いろいろ調べて実践していましたが、巻き爪にもいろいろあって、様々な原因もあると思いますので、自分にだけうまくいった、効果があったやり方なのかもしれませんし、巻き爪に対する知識も特別に持っているわけではなく、解釈も間違っていることもあるかと思います。

同じ治療法を行ったのに、悪化させてしまうなんて可能性もあるかもしれませんので、すべてを信じ込まないようにしてください。当サイトの情報を利用した結果については一切の責任を負いません。

あくまでも、1つの参考例として、ご自分の巻き爪と向き合ってあげてください。







●目次

 巻き爪と陥入爪とは?

 巻き爪の原因はなんだ??

 一番おすすめの治療法は病院に行く事

 巻き爪の手術ってどんなもの?

 巻き爪予防・対策にはどんなものがあるのか

 自分が『治すための対処法』を始める前の場合の状態

 自分が実際に自宅で行った治療法

 巻き爪ブロックで治す

 経過・状態




巻き爪と陥入爪とは?

巻き爪はこのページを見てくれている人には説明不要だと思いますが、指の先を上にしたときに、爪が左右に湾曲してしまっている状態。悩んでいる人は、足の親指がほとんどかと思います。
陥入爪とは、巻き爪がヒドくなったり、巻き込む形が悪かったりして、爪が皮膚に食い込んでしまって炎症を起こしてしまうこと。巻き爪と混同されがちだけど、巻き爪は爪が巻く現象自体の名前で、陥入爪と同じものという訳ではないようです。

後でも詳しく書きますが、自分の場合は、陥入爪とまでは行かない状態でしたが、たまに痛いなと感じる事があるぐらいでした。なので、ヒドい症状の人には参考にならないかもしれません。あくまでも、軽度な巻き爪を悪化しないように対応したという感じです。




巻き爪の原因はなんだ??

最初に、正常な爪を維持するためには、『圧力』が大事なんだそうです。

爪はもともっと曲がろうとしてしまうもののようで、歩くことなどによって、指側から(下から)の圧力がかかる事によって、正常な状態が保てるそうです。普段、あまり歩く事が無い生活や、運動をしなかったりしていると、自然な事として爪は曲がっていってしまうとか。


爪の圧力


巻き爪の一番身近で大きな原因とされているのが、『深爪』なんだそう。肉や皮膚が盛り上がってしまって爪が成長しようとするのを妨害してしまうそう。それでも爪は伸びようとしているから、変形してしまう事になってしまうと。
深爪を続けてしまっていると、巻き爪のなる確率は高くなってしまうようです。
逆に伸ばしすぎるのも巻く圧力が強くなってしまって良くないそうです。

足に合っていない靴を履き続けるというのも身近な原因。足が窮屈な状態で負担がかかり続けてしまうのはよくないようです。つま先が狭くなっているもの、高いハイヒール、ゆとりがありすぎる・・・などなど、自分の足にちゃんとフィットした物を履くように気を付けましょう。

遺伝や加齢も避けられない要因のようで、両親が巻き爪だと言う人は、リスクは高くなるそう。歳をとると爪は分厚くなっていってしまって、固くなっていきます。さらに、歩く事も減ってしまって、正常な爪の状態を保つための適度な圧力がかからなくなってしまいます。

靴を履いてするスポーツの中でも、よく急にストップしたりする運動や、サッカーはボールを足で蹴るので巻き爪は発生しやすいそう。

ケガ・外傷により爪の形が変形してしまっても、それが原因で巻き爪になってしまうことも。




一番おすすめの治療法は病院に行く事

改善対策を見ていく前に言っておきたいことがあります。

一番いいのは、病院で治療してもらうことだと思います。


巻き爪病院


自分で対処しても、知識も無く下手にやってしまうと悪くしてしまったりしないか不安が残ってしまいます。

「巻き爪って何科に行けばいいの?」

ってなってしまいますが、皮膚科・外科。成形外科などで受診できるようです。また、巻き爪専用外来を取り扱ってくれているクリニックもあるようです。症状に合わせて、薬を処方してもらったり、ワイヤーを使って矯正してもらったり、手術をする事になったりするようです。

まあ、症状の重さにもよると思いますが、軽い場合なら、痛みなしでの治療・矯正方法もあるようです。




巻き爪の手術ってどんなもの?

爪が肉に食い込んでしまってそれが原因となって炎症を起こしてしまってしまったりした場合(陥入爪)、肉に食い込んでしまった爪の端を根元から先まで切ってしまって根元を薬品で変形させてしまうという、フェノール法っていう手術が一般的なようですね。


フェノール法


爪の幅を狭くしてしまう感じですかね。

想像するだけで痛いですね。手術は局部麻酔をして行われますが、足の親指に行う局部麻酔がかなり痛いと聞きます・・・。
もちろん、手術が終わって、麻酔が切れた後もズキズキと痛いようです・・・。数日間で治まるようですが。

最悪の場合は、爪自体を生えてこないように爪母を全て切除してしまうなんていう手術もあるようです。

そこまで症状がヒドくない場合は、手術ではなく、矯正療法で治療を行う事が多いそうですが、治るまでに時間がかかってしまって、整髪の可能性は手術した場合よりも高いそうです。

手術はやっぱり怖いですよね・・・。やっぱり早い段階から対策はしておくべきですね。




巻き爪予防・対策にはどんなものがあるのか

自分で出来る巻き爪予防・改善対策にはどんなものがあるのか、いろいろ調べて実践しました。


爪の切り方

深爪はしない。爪の両端を丸くしないで、直角的に残して切る。スクエアカットと言うそう。
基本的に爪は、指に合わせて弧を描いて切ってしまいがちだけど、こう切る事で両端の肉が盛り上がらない。


爪を削って薄くする

歳をとってしまうと、爪が分厚くなってしまうもの。そうすると下からの圧力に対して強くなってしまうので、爪の表面をヤスリで削って適度な薄さを保つ。
自分ですると、やり過ぎたりしてしまう可能性もあるので、クリニックやネイルサロンで行う方がいいようです。
食い込んで肉と当たっている部分を削るという方法もあるようです。


コットンパッキング

爪の両端、肉に食い込んでいる部分にコットン(自分の場合はティッシュ)をつめる。
一時的な痛み軽減のためにやっている人が多いそうですが、自分はこれを長期的にしてみました。


テーピング

爪じゃなく肉側をテーピングで引っ張る、爪と皮膚の間にテープを挟むように貼る、などいくつか方法があるようです。自分はやっていません。


ワイヤー矯正

爪を伸ばして、穴をあけて、ワイヤーを通して矯正していく方法。病院などでもやってもらえるそうだけど、自分でいろいろ購入してやっている人もいる。
参考:竿中とおる君で巻き爪治療!

手軽にしようと思ったら、巻き爪ブロック。
公式サイト:
原理は違うけど、爪の両端から引っ張ってくれるというもの。安いし、かなり売れてる巻き爪矯正グッズだと思う。


巻き爪ロボ

たったの30分で、簡単・痛み無しで矯正ができるらしい。

公式サイト:

けっこう高いんで、自分は使ってません。


ちゃんとフィットした靴を履く

窮屈で足を圧迫してしまっているような靴でもなく、それでいてブカブカでもない、ちゃんとフィットした靴を履くようにする。


正しい歩き方で歩く

地面からの圧力が正常にかかっていないと、巻き爪になってしまう。


などなど、もっとあるとは思いますが、調べた中で学んだ自分でできる対策はこんな感じでしょうか。




自分が『治すための対処法』を始める前の場合の状態

現在、対処法を初めて2ヶ月ほど経過していると思います。始める前の巻き爪の状態は、みなさんが思っているほどの状態ではありません。巻き爪に悩んでらっしゃる人からすると、巻き爪のうちにも入らないほどのカーブ具合だと思います。

ちゃんとどのくらいの巻き爪の状態なのか、画像なりデータで残しておけばよかったなと、今になって思うのですが、特に肉に食い込んでいるわけでもないし、昔からたまによく歩いたりしたときに、痛くなったりする事がありました。
母親が巻き爪の手術を昔に受けていたのを覚えていて、イヤだなと思っていたのもあります。遺伝的な物もありそうだし。

自分は普段、特別運動はしていないし、座り仕事であまり歩く事もなく、足の指に(爪に)は一般的な人よりも圧力はかかっていない状態だと思います。仕事上、1日中ほぼ座りっぱなしのこともざらにあります。

ちょっと痛くなったときがあったので、これを機に自分で治してみようと思ったのがきっかけです。

常に痛いというわけでもなく、そんなに食い込んでいるっていう訳でもない状態だったので、このページを見てくれている人からすると、たいした物じゃないかもしれません。また、僕がやった治すための対処法は、症状がヒドい人には実践できないやり方なのかもしれません。

巻き爪で画像検索(ちょっと閲覧注意)なんてしてしまうと、コワくなってきます。それで、早めの対策をして巻き爪がどんなものなのか、自分で治せるのかやってみようと思ったんで始めました。(巻き爪画像で検索するのは、ちょっとキツい画像もでてくるので、注意して下さい。)

では、実際に治すために自分が行った方法を書いていきます。




自分が実際に自宅で行った治療法

参考にさせてもらったサイトがあります。

巻き爪が治った

自分のページのように長々と書かれたページではなく、しっかりと要点がまとめられて、画像も多く分かりやすくしてくれているページです。


自分が実際に行った処置を書いていきます。

基本的には、お金をかけたくないので、無料のもの(ではないですが家にあるもの)で治療していました。


爪の長さは、指の先端と同じぐらいで切る。
爪の右端から左端まで出来るだけまっすぐに切る。(スクエアカット)


そのままだと引っかかってしまうので、角は少しやすりで丸める。

巻き爪 切り方

一般的な爪切りよりもニッパー状の爪切りの方がやりやすいです。自分は、普通の爪切りで切っていましたが、爪をやすりで薄く削っていたので割れてしまう事がありました。



爪をヤスリで部分的に削って薄くする。

全体的にも軽くヤスリがけをしましたが、特に曲がっている部分というかなんと言うか、下画像を見て下さい。

巻き爪やすりで削る場所

特にこの辺りを爪の根元から先まで薄くしましたが、全体的にもツルツルになる程度にやすりがけしていました。
一週間に1回程度、メンテナンス感覚でヤスリで削っていた感じです。

特別なヤスリを使ったわけでもなく、奥さんが使っていなくて余っていた爪ヤスリを使っていました。
爪切りに付いているヤスリは厚みがジャマをしていた感があったので、アイスの棒のようなやつです。

削りすぎているのか、爪の先が縦に割れてしまう事があります。
最初は気にしていなかったのですが、縦に割れてしまうとその外の部分が大きく欠けてしまうということが起こってしまいます。
そうなってしまうと、下記のコットンパッキングが出来なくなってしまうんです・・・。

!爪の削り過ぎには要注意です!自己責任でお願いします。

削り過ぎた結果、私は大失敗してしまいました・・・。下に書いています。


ティッシュでコットンパッキング。

適当な大きさにティッシュをちぎって、折り畳んで、くるくると巻いて、詰め物を作ります。
大きさは大体、綿棒の綿のみぐらいの大きさぐらいかな?炊きあがった米粒大ぐらいを、ちょっと縦長にしているような感じかな。

巻き爪ティッシュ

これを爪の両端に詰めます。

ティッシュの詰め方

さらに、セロテープで固定。

そのままでは、ティッシュが抜けてしまって、くつ下の中で迷子になってしまうので。



セロテープは左右1枚ずつ。詰め物を巻き込んで裏側から表側に引っ張っている状態を意識して張っています。

まずは、裏側にセロテープを張って、表側に部分的に折り返して張って、そこから爪の端を爪が巻くのと反対方向にテンションをかけて貼るような感じで。


とはいえ、そんなにキッチリとはやっていません。ティッシュが取れなければいいかという程度にまあ、適当に貼っています。

これを毎日、風呂上がりに新しいティッシュとセロテープでやっています。



基本的には、この状態で日常は過ごしています。爪に対する直接的な対処法はこんな感じです。

最初はいまいちよく分からないままやっていましたがだんだんと慣れていきました。


湯船に長めに使って、爪を柔らかくした状態で上のヤスリ・ティッシュパッキング・セロテープを行っていた。

普段歩く事が少ない生活だったので、今まで自転車に乗っていたような距離は出来るだけ、正しい歩き方を意識して歩くようにした。座って仕事しているときも、座りながら足踏みをしてたりもしました。まあ、コレも適当にですが。

ぐらいのものです。


ただ、やってみれば分かるんですが、ヤスリがけは、たまにしかしないんでいいとしても、
ティッシュで詰め物を4つ作り、詰めてセロテープで固定する作業。早くできれば、2〜3分のことでしょうか。

ちょっとした時間でできる簡単な作業とはいえ、これを毎日毎日続けるのはけっこうメンドクサイ作業になってきます・・・。

痛みがあるなら、しょうがなく続けると思いますが、自分は日常的に痛みがある状態で治療し出したというわけではないので、かなりやる気がなくなってきたので、モチベーション維持のために、このページを立ち上げました。

安く済ませたいとこの方法を続けてきましたが、今となって思うと、かわりに『巻き爪ブロック』を買って使っていても、毎日の作業分を考えるとコスパはいいと思います。



巻き爪ブロックで治す




巻き爪ブロックは、販売数10万個を突破した有名で人気のある、自分で自宅で簡単にできる本格的巻き爪矯正具です。

バネのような矯正具を爪の両端にかけてひっぱっておいて矯正するという原理。雑貨品としての巻き爪矯正グッズではなく、「医療機器」としての認可を受けているもの。

サイズ・強さもバリエーションが豊富に用意されています。


巻き爪ブロックは、最初に3,000円ぐらいのセットを買うと、付けっぱなしで4ヶ月ほどは使えるようです。その後も使用したい場合は、巻き爪矯正のバネみたいなのを単品購入すればいいので、1,000円程度で買えます。

金額的に見れば、ティッシュとセロテープの方がそりゃ安いんですが、めんどくささを考えると、断然巻き爪ブロックですね。かなり有名になっているし、医療機器としての認可も取得している巻き爪矯正器具ですし。


▼ 巻き爪ブロックはこちら



お金がかかってもいいから、もっと早く結果を出したければ、巻き爪ロボっていうのもあります。




巻き爪ロボは、自分で自由に形が変えられる巻き爪矯正器。思い通りに形を変える、つまり自分で「治せる」世界初の巻き爪矯正器。

使い方は、巻き爪ロボを装着して、足をお湯につけます、つまみを回して矯正して、ドライヤーで乾かせば終わり。30分ほどで終了。矯正の効果がでるまで○ヶ月なんていうのが嘘のように簡単に治せるようです。

しかも痛みはなし。医療機器としての認可も受けています。

高い値段がしますが、長い期間病院に通って治療する事を思うとガマンできそうな価格です。


▼ 巻き爪ロボはこちら




経過・状態

2ヶ月経過

自分なりの巻き爪対処法を初めて、2ヶ月経った状態です。

常にティッシュを詰めているので、爪の両端の白い部分(肉と引っ付いていない部分)が根元側に入り込んできています。
良くない事なのかもしれませんが、爪は伸びるし止めれば治るだろうと気にしませんでしたが、やっぱりあまりよくないのかもしれません。

始める前の爪の状態よりは、巻きは確実にマシにはなっているのですが、どのぐらい矯正されているのかは、ハッキリ分かりません。
なぜ、対策を始める前にちゃんと画像なり、データで残しておかなかったんでしょうか・・・。

軽い巻き爪ならば、これを続ければ治す事はできるかなと思います。

ほぼ巻き爪という訳ではない状態になっているような気もするのですが、手の親指の爪を見てみるとけっこう真っすぐなので、どこまでまっすぐになるのか、頑張ってとりあえずこのまま続けてみます。

4ヶ月経過

さて、重大な発表があります。

もう、結構前になるのですが、縦に爪が割れてしまってそれが、横にも割れて、爪が欠けてしまいました。

一カ所だけではありません、処置をしていた左右の親指の爪の両端、合計4カ所のうち、3カ所がその状態になってしまいました。

現在は、だいぶ伸びて来て、真っすぐになりつつあるのですが、1カ所はまだ縦割れが続いている状態です。

そんな状態なので、現在は処置をしていません。



おそらく、ヤスリで削り過ぎていたのが原因だと思いますが、一度欠けてしまうと、伸びて来るまで結構な時間がかかってしまいます。

やっぱり、確実なのは、巻き爪ブロックや巻き爪ロボを使っておいたら良かった・・・と現在は思ってしまっています。

また『やろう!』という気になれば、更新しようと思います。




●目次

 巻き爪と陥入爪とは?

 巻き爪の原因はなんだ??

 一番おすすめの治療法は病院に行く事

 巻き爪の手術ってどんなもの?

 巻き爪予防・対策にはどんなものがあるのか

 自分が『治すための対処法』を始める前の場合の状態

 自分が実際に自宅で行った治療法

 巻き爪ブロックで治す

 経過・状態